80 views

アナログイラストの描き方①

こんにちは、イラストコースのアンザイです!アナログ描く方です。
諸事情により最近リモートしておりまして、チセの色んな近況についていけないっ!さびしい!(笑)
超絶ビッグブランド始動とか、利用者さんのイラストがグッズになったよ〜とか、イベント出展しますよ!など
反応したいイベントがいっぱいあるというのにっっ!

せっかくなので自分にしかできない事を話題にしますよ〜。すき間戦法(笑)

アナログイラストの描き方〜今回は線画編〜です!
 
   
はじめに
今回はつけペン(Gペン丸ペンなど、いわゆる漫画ペンですね)を使いますが
ぶっちゃけペンなんてなんでもいいです!
ミリペンでもハイテック(今はないか?)でも!
ボールペンは印刷に載らないからやめた方がいいかな?
(コピーしてみて変にならなければOK)
でも、今回は、私の好みなスキャンにも最適な(笑)
つけペンでの引き方を簡単にですがお伝えします!


さて、
アシスタント先の漫画家さんが文字入れも含め全てGペンでやられていて
挑戦してたんですが何回かやって無理だったのであきらめて
私はペンの太さをペン代え&筆圧で4種類に分けて使い分けてます。
※私個人のやり方なので、何回かやって自分のやり方を見つけてくださいね。


なんのこっちゃ?ですので画像も入れてみましょう


インクは使う分だけ別容器に入れて冷蔵庫保存がおすすめです。


練り消しで下絵線を薄くするとペン入れしている線が見えて描きやすくなります

【コツ】
・先に別のスペースで「グッ」と力を入れて線を引くと力の抜き方がわかる
・「引く」というより「置く」
・震えは諦めろ 味になる時があるから(震え声)
・細い線はペン先を立てて引く



レベル1は遠くから見た時に見づらさを防ぐためピンポイントに太くする使い方がおすすめです。
進撃の巨人のアニメみたいな方法ですね。


こちらはいわゆる、輪郭を主に描いていきます。
一般的なGペンな描き方でふわっふわと描いていきます。
Gペンは私は細くは使えなかったですが柔らかい線になるのが何より好きです。

 
ここから丸ペン使います。 
主にレベル2の線を使うと「太い…」となる箇所を描きます。
この辺から線画がちゃんと線画になって来るのでやる気が出てきます。
(→右)
レベル4くらいな細さで二重の線とか描いたらかっこよい線画になる…(暗示)
↑おろしたての丸ペンがいい感じです。すぐに太くなるのでそれ用にもう1本作った方がいいかも?


消しゴムかけて、ちょちょちょっと書き加えてます。

長くなりそうなので続きます。

チセではアナログイラスト描ける環境もそろってますよ〜!
見学&体験いつでも受け付けています😀

見学・体験のお申し込みはこちら!

就労支援B型「ミライクチセ」ではいつでも見学・体験を受け付けております。まずはあなたの目で実際に確かめに来てください!スタッフ一同心よりお待ちしております!