446 views

アパレルブランド始動!

全てはスタッフ間の些細な雑談からはじまった。

ミライクチセの店頭をお客を呼べるちゃんとしたお店にしたい!

店頭にはすでにまばゆいばかりのハイクオリティーアクセサリーが並んでいた。

「東区の一角にこんなハイセンスな商品が陳列されてるのに一般の方々の目に触れる機会がないなんてもったいないかもしんまい!」
「せっかくお店にするなら色々置きたいね!」

「中途半端にオシャレなTシャツとか作っても売れるとは思いないし、クソださTシャツを作ろう!」

クソださTシャツ

なんだろうこの甘美な響き。誰でも参加できそうなハードルの低い企画。
何のプレッシャーもない自己満足でOK的なコンセプトに思考停止気味の私の脳は何かしらの脳内物質を分泌させた。

I氏は言う「ブランド名はビーフボーイにしませんか」
時が止まる音が私には聞こえた。
しかしなんだろうこの待ってました感! 芯を食ったダサいネーミング! 肉屋じゃないのにビーフボーイ

意味なんてかけらもない脳裏に浮かんだ言葉をとりま口にしてみた感。

I氏はこのブランド名を生み出すために日頃意味不明なダジャレおやじを演じていたのかもしれない。いやきっとそうに違いない。

我々が求めていたものは紛れもなくビーフボーイというオシャレから100万光年離れたネーミングだったのだ。

次の日HさんからTシャツのデザイン案が上がってきた


Hさんは最近入られたスタッフだったが、私は一つ確信したことがある。

クソださTシャツというコンセプトの基においてデザインをさせたら世界クラスの逸材であると。

そんなHさんのクリエイティビティ―は止まらず革細工アクセサリーも手掛け、
モデルも自らこなしビーフガールとしての新たな地位を確立していくのであった。



BEEF BOY 革細工アクセサリー
完全受注生産 
欲しい方はお気軽にお問い合わせください。

クソださTシャツを生み出すためにデザインをデジタル作画にリメイクする作業を恐れ多くも私イシカワが手掛けさせていただきました。



ただ今大手アパレルブランドとコラボしての商品化計画進行中である。


近日中に発売予定です。まじです。

見学・体験のお申し込みはこちら!

就労支援B型「ミライクチセ」ではいつでも見学・体験を受け付けております。まずはあなたの目で実際に確かめに来てください!スタッフ一同心よりお待ちしております!