20 views

コロナ渦におけるレクリエーションで就労継続支援B型ミライク・チセはボードゲームを行っています。

レク ボドゲ記事 サムネ

【レクリエーションでボードゲームをやる理由】

ミライクチセではレクリエーションにボードゲームを取り入れております。

遊びを通して、スタッフと利用者さんはもちろん、利用者さん同士のコミュニケーションを図ることが出来るので
「あまり喋ったことはなかったけど、隣のデスクで作業しているこの人ってこんなところがあったんだ」と相互理解を深めることが可能です。

「隣にいる人、向かいの席に座っている人」ではなく、会話をすることで個人としてそこにいることを承認する。
ただの他人ではなく、"知人"になることができれば施設内での活動は円滑になり、より楽しく過ごすことができるようになるかもしれません。

知らない空間で一人で黙々と作業する。それもまた良いことですが、できれば気持ちよく挨拶が出来て、休憩時間に気軽に話すことができる相手がいることで
継続的に事業所へ通所するというハードルが下がり「あそこに行けばみんながいて楽しいから」と、ちょっとがんばるきっかけになればなー……。
と、そんな思いで実験的に始めてみました。

【ボードゲームについて】

さて、ボードゲームと聞けば、みなさんはどのようなゲームを思い浮かべるでしょうか?

人生ゲーム、将棋、麻雀などでしょうか? 

実はボードゲームには一杯種類があるんです!

ドラマや映画にテレビ番組の題材にもなった、参加者の一人として人間に化けた狼を議論することで見つけ出す【人狼ゲーム】をはじめ
以前、チセで動画撮影も行った、キャラクターカードとアイテムなどが書かれたカードから一体のキャラクターを作り、どちらが強いかディベートしていく【ペチャリブレ】
などなど、人生ゲームのような箱モノでない、カードゲームなどもボードゲームには含まれます。

※ペチャリブレについては別記事と動画で詳しく紹介してますので、イメージが湧かない場合ぜひ見てみてください。

チセにはボードゲーム好きな方が多く、お昼休みなどで遊ぶのに利用者さん・スタッフが持ち寄っており、気づけばこんな数になっておりました。
いざ並べて撮影してみると圧巻ですね。最近では【勇者ヌルポコ】というゲームを買って遊んでみているのですが、これが中々面白く好評です。

※画像はオモコロストア様より転載

 

この勇者ヌルポコにはお題カードと単語カードの二種類があるのですが、単語カードには「ヌル」「ポコ」「ア」「シャン」などが書かれており
場に並べられた「頑固な鍛冶職人」「魔界の王」「カジノが盛んな港町」「時を止める禁断の魔法」など、ヒト・モノ・場所など多種多様な名詞が書かれたお題カードのうち一つに
ピッタリな名前を出題者が五枚の単語カードから考え出して、回答者の方に当ててもらうことで正解者と出題者はポイントを稼ぐことができます。

出題者と回答者は一問ごとに交代していき、みんなで出題しあって回していく形です。

協力モード、対戦モードの二種類の遊び方があり、協力モードなら「このポイントをみんなでどれだけ稼げるのか?」という遊び方になり
対戦モードなら「自分の問題をより多くの人に当ててもらったうえで、自分も問題を解くことでみんなより多くのポイントを稼ぐ」というのが目標になります。

ちょっと文字だとわかりにくいかもしれませんが、ようはこれは「自分の考えた名前が何の名前なのか他の人に当ててもらい、自分も他の人が考えた名前が何の名前なのか当てていく」という共感していくゲームなんです。
時間内であれば話し合っていいので、さきほど言ったように会話のきっかけにもなる為、盛り上がりやすい傾向にあります。


ゲームですのでやはり競い合ったり、人狼ゲームのように敵と味方にわかれるものも多いのですが、上記のヌルポコのような"共感"が主になるものもあるので
私たちのような障害をお持ちの方へ支援を行っていく福祉従事者としては、"勝負"のストレスが薄いものを探して、コミュニケーションをメインとしたゲームがあれば取り入れていきたい限りです。

個人的には、面白いボードゲームを単純にやっていきたい気持ちもあるんですけどね!

【次回のレクについて】

ミラクチセでは来週金曜日(4/16)の午後13時~15時にレクリエーションでゲーム会を開催する予定です。

スタッフ四名がそれぞれ担当するゲームの司会となって進行していき、お菓子やジュースなどを食べながらワイワイと感染症対策もしっかり行いながら楽しい時間を過ごせればな、と考えております。
まだまだ模索中なので、これが施設内で楽しめるレクの形として最適かはわかりませんが、とにかく実験的にでも"チセを自分の居場所"だとみんなが思えるように、色々試していく次第です。

コロナ禍で外出できないことにお悩みの方は、ぜひボードゲームをお家でやってみてはいかがでしょうか?

 

見学・体験のお申し込みはこちら!

就労支援B型「ミライクチセ」ではいつでも見学・体験を受け付けております。まずはあなたの目で実際に確かめに来てください!スタッフ一同心よりお待ちしております!

最初のコメントをしよう

必須