340 views

ペイントツールの特性(SAI、Photoshop、クリップスタジオ)

イラストや漫画作成の際にペイントツールを使用するのですが、各ツール(SAI、P hotoshop、クリップスタジオ)の特性を理解することで作画の表現の幅が広がり、クオ リティーの高い作品を効率化的に作ることができます。 基本的にはペンタブで線を描いて色を付けるという目的で各ツールを使うのですが、作成 したいもの(マンガ、イラスト、ロゴetc...)によってペイントツールに必要な機能が変 わります。作品を描く目的に合わせ必要な機能をソフト別で比較していきましょう。 ・SAI はシンプルなインターフェイスでブラシの動作も軽快で初心者にも、とても使いや すいソフトになっています。 特筆すべきポイントは、ベクターに対応しており、アーカポイントを表示して線 の長さや向きや太さの調整が、線を描いたあとに変更できるので気に入らない線を 何度も書き直すという作業をする必要がなくなります。 従来のペイントツールでは線がうまく描けない場合、線を消して書き直さなければなら ない。↓   SAIのペン入れレイヤーを使えば、一度描いた線が気に入らない場合、アーカポイン トを表示して ↓       線の向きや太さや長さを調整することで納得のいく線画を書き直しすることなく調整す ることができる。 ↓ ↓  ↓  ↓   SAIは緻密なデザインを高いクオリティーで素早く表現することはできるが、その分機 能は省略されており、文字入力、図形入力、グラデーション塗り、CMYK出力など搭載さ れていない機能があるため、納品物などの場合イラスト以外の部分はPhotoshopで補う 必要があります。 ・クリップスタジオ(CLIP STUDIO PAINT PRO) マンガ作成に必要なデジタルツール(トーン、フキダシ、効果線、コマ枠)が豊富で、効 率的にマンガ作成ができる。 CLIP STUDIO PAINT EXでは背景の写真素材をそのまま線画抽出してマンガに取り込 むこともできます。 ↓ コマ枠やデジタルトーンやフキダシや集中線など簡単に取り入れることができます↓ ・Photoshop プロのデザイン現場や写真加工の世界では、業務用ソフトとして有名です。 非常に多機能で、WEB・印刷物・ムービーに対応したデータをマルチに書き出せるが、 イラストやマンガに特化したソフトではないです。 そのため、ペン・ブラシの自由度は高いものの、イラストやマンガ向けにカスタマイズす るための手間がかかります。もともと写真加工用のソフトなので、色味の調整が得意。そ のため、SAIなどと併用されることが多いです。 お絵描きソフトに慣れて、作りたいものが明確になったら、フォトショップを併用するこ とで、よりクオリティーの高い作品ができます。 光彩(外側)でライトサーベルを表現することもできます。↓ ドロップシャドーで影をつけて文字を立体的にすることもできます↓ グロー効果でイラスト全体から光彩を放っているような表現も↓ ペイントツールの特性を理解して使い分けることで効率的にクオリティーの高いイラス ト表現ができるようになります。 その他、レイヤーマスク、クリッピングマスク、フォルダ分けなどすることで作業効率 が格段に上がります。 わからないことや表現したいイラストがありましたらお気軽にご相談ください。 イラスト講師イシカワの ・似顔絵ギャラリー     PS. そしてイラストコースのイラスト集+漫画がこちらで販売いたします。 北海道COMITIA9 開催日:2018年12月2日(日) 会場 :ホテルライフフォート札幌 2階ライフフォートホール A34ブースにてイシカワとyunaでお待ちしております。   イラストコース・アクセサリーコースが同ブースにて販売しますので、 ぜぜぜぜひ足をお運びください(^^♪

見学・体験のお申し込みはこちら!

就労支援B型「ミライクチセ」ではいつでも見学・体験を受け付けております。まずはあなたの目で実際に確かめに来てください!スタッフ一同心よりお待ちしております!

最初のコメントをしよう

必須