278 views

人物~エフェクトの描き方まで

こんにちはイラストコース担当のいしかわです。

今回はイラストの描き方、人物~エフェクトまでをお届けいたします。
使用ソフトはSAIと仕上げにフォトショップを使っています。

イラストのモデルはクリエイティブコースのKさんの別の顔「炎の爆速絵師リプヲ」をモチーフにイラストを作成します。

まずは構図を決めたいと思います。今回は逆三角形のポーズにします。逆三角形は地面に対し接地面が
少なく不安定な感じ、グラグラした感じ(跳躍感)を与えます。

さいとうなおきさんの動画が参考になります。
https://www.youtube.com/watch?v=_Sfb4H01Z-M


下描きを入れます

細部を書き込みます。


ペン入れをします

着色します。


発光してる部分や色に合わせて線画にも色を付けていきます。

次にエフェクトを入れる前にキャラクターの周りの空間にあたりを入れます。
こちらも、さいとうさんの動画が非常に参考になります。
https://www.youtube.com/watch?v=KqabLHtm27A&t=527s



炎の絵描きということで炎のエフェクトを空間のあたりに合わせて描きこんでいきます。
レイヤー効果(オーバーレイ、スクリーン、発光(リニア加算)など光の効果を出しやすいレイヤーを組み合わせてかっこいいエフェクト表現を研究してみよう。


あたりを外します

背景にグラデーションを入れ、フォトショップのぼかし機能で炎をぼかして躍動感を出します。
逆に顔などにはぼかしを入れないことで視線が人物に行きやすく引き立ちます。
完成です!

わからないことや、さらに深く聞きたいことがあれば質問いただければお答えいたします。

見学・体験のお申し込みはこちら!

就労支援B型「ミライクチセ」ではいつでも見学・体験を受け付けております。まずはあなたの目で実際に確かめに来てください!スタッフ一同心よりお待ちしております!