289 views

心・技・体のうち一番鍛えるのが容易なのは「体」なんです。心の病を治せるかもしれない一番簡単なアプローチ

どうも上田です

筋トレしてて思うこと
いつも先に限界を迎えるのは精神
だって最初に「もうダメだ」と思っても
いいからやるんだよ!で
意地で次のアクションを起こすと
案外まだ出来るんですよね
叫んでも出来なくなったら辞めるようにしてます

脳が変わってきたのを感じますが
ここでワタシの悪い癖である意識を肥大化させることなく
やるべきことをこなすことで得られる快感を大切にしていきたいと思います

ですが

最近、筋トレを2年続けてる人の体とか見たい欲求が高まって
気づけば画像探してることがあるのですが
脳が画像を記憶して、近づこうとしてるんですよね!コレ!
俺の脳!正直!

ちなみに表題の心技体のうち一番鍛えるのが簡単なのは身体
この身体を鍛えることで他の2つも少なからず強くなる
これは最近はまってるyoutuberの大愚和尚のありがたい説法からの引用です

では和尚、どうぞ!

というわけで、今日の「公認心理士」のお勉強は
サイコロジカル・ファーストエイド
でした

これはですね

災害や事件などで精神的ショックを受けているクライエントに対しての
心構えと行動の規範でした
多岐にわたりますが、上田なりにまとめてみましたよ

推奨される行動

・本題が見えたとしても急に切り込まず、見えている表面に目を向けて簡単な質問から始めよう
・関係は言葉よりも援助から生まれます、炊き出しや一杯のコーヒーをシェアするなど
・はたして自分が関わって、相手の状況が好転しますか?己に問いましょう
・緊急時です、あなたを求める人がたくさんいるかもしれませんが、全くいないかもしれませんよ?
・穏やかに話してください。忍耐強く、共感的で、思慮深くあってください。
・シンプルでわかりやすい言葉を使い、ゆっくり話してください。略語や専門用語を使わないでください。
・話し始めたら聞いてください、その兆候を見逃さないでください。聞きながら自分に何が出来るか考えましょう
・クライエントがサバイバルするためにした行動を褒めましょう
・役立つ情報を提供し、求めがあれば何度でも、分かりやすく示してください。
・正確で、かつ被災者の年齢にふさわしい情報を提供してください。
・通訳を介してコミュニケーションをとるときには、通訳者ではなく本人を見て話しかけてください。
・現在のニーズに対する援助が必要です、適応的な機能を促進することです。トラウマ
体験や失ったものの詳細を聞き出すことが目的ではないことを、常に念頭において活動してください。

避けるべき行動

・被災者が体験したことや、いま体験していることを、思いこみで決めつけないでください。
・災害にあった人すべてがトラウマを受けるとは考えないでください。
・病理化しないでください。災害に遭った人々が経験したことを考慮すれば、ほとんどの急性反応は了解可能で、
予想範囲内のものです。反応を「症状」と呼ばないでください。また、「診断」「病気」「病理」「障害」などの観点
から話をしないでください。
・被災者を弱者とみなし、恩着せがましい態度をとらないでください。あるいはかれらの孤立無援や弱さ、失敗、
障害に焦点をあてないでください。それよりも、災害の最中に困っている人を助けるのに役立った行動や、現
在他の人に貢献している行動に焦点をあててください。
・すべての被災者が話をしたがっている、あるいは話をする必要があると考えないでください。しばしば、サポー
ティブで穏やかな態度でただそばにいることが、人々に安心感を与え、自分で対処できるという感覚を高めま
す。

うん、勉強になります
今日はこの辺で

\新コース!ミライク・チセで一緒にYouTuberに挑戦しない?
ミライクチセYOUTUBERコース
 

\ミライク・チセってこんなトコロです♪徹底解剖しちゃうゾ!/
ミライクチセバナー
 

最初のコメントをしよう

必須