164 views

【取るぞ!公認心理士①】心理学の成り立ち

どうも上田です

仕事が貯まりすぎて力が出ないよー
あんぱんまーん

というわけで心理学の成り立ちについて書いていきます

心の科学としての心理学の誕生

19世紀にはいると自然科学全般が目覚ましい発展を遂げるとともに

その影響を受けて科学としての心理学が誕生することになりました

物理的世界と心的世界の関係を数量的に検証する精神物理学を提唱したフェヒナーや

視覚や聴覚に関する多くの研究を行ったヘルムホルツは共に物理学者であり

実験心理学の発展に大きく貢献している

 

このなかでヴントが1879年にドイツのライプチヒ大学において行った

心理学実験室でのゼミの授業を心理学の誕生とすることが多いです

ヴントは構成主義という

人の意識は感覚や感情の結合によってとらえることができる

構成主義に立ち、実験法の手続きを用いて

その結果生じる意識内容を内観とよばれる自己観察法に基づき明らかにした

ヴントは記憶や思考のような「高次精神過程」については実験的な研究は不可能であると考えたが

エビングハウスは記憶の領域に実験法を用いて

記憶の保持過程など重要な知見を明らかにしている

 

ゲシュタルト心理学

心理的現象は要素に還元するのではなく

ひとつのまとまりとしての全体(ゲシュタルト)としてとらえることが重要だという説

ウェルトハイマー、ケーラー、コフカが中心的な役割を果たし

当初は知覚の研究を主に扱っていたが、次第に領域を広げ

研究領域を拡大して、思考や発達心理学に領域を広げていった

 

そしてレヴィンはゲシュタルト心理学の前提である力学的「場」の構想を

個人の生活空間をめぐる諸問題や集団行動の分野まで拡張し集団力学と呼ばれる

社会心理学の展開に大きなインパクトを与える考え方を提唱した

 

行動主義

アメリカの心理学者であるワトソンは意識を心理学の対象にする考え方ではなく

外部から客観的に観察可能な行動を対象とすることが科学としての心理学において

重要だと主張した

ワトソンはパブロフの条件反射と同様の考え方で

刺激と反応を用いて人の行動をとらえることを目指した

ワトソンの実験としては以前の上田のコラムにも書いた「アルバート坊やの実験」が有名です

この実験では恐怖のような情動的な反応も強い刺激によって条件づけられることを示したが

刺激と反応のみを扱う行動主義の心理学は極端なものであったため

トールマンやハル、スキナーらによって刺激と反応の間に「生活体」というモデルを位置づけた

新行動主義が出現し、記憶や学習、思考などの高度な認知過程まで研究対象として扱われることになった

 

うんうん♪

今日はここまで

 

 

\新コース!ミライク・チセで一緒にYouTuberに挑戦しない?
ミライクチセYOUTUBERコース
 

\ミライク・チセってこんなトコロです♪徹底解剖しちゃうゾ!/
ミライクチセバナー
 

最初のコメントをしよう

必須