132 views

【北海道日本ハムファイターズ】ヤクルト秋吉と日本ハム高梨ら2対2のトレードへ【先進的なトレード・ドラフト・補強戦略】

日ハムファン歴12年語らせたら長いよ?どうも上田です

 

今週は時事ネタWEEKということで

早速この問題

【ヤクルト秋吉と日本ハム高梨ら2対2のトレードへ】

で語っていきたいと思うんですが

 

まず

 

上田よ

オマエ野球の何を知っとんねん

ということから語っていきましょうか

 

上田と野球の出会い

私が小学生のときの

校内対抗夏休み地区ソフトボール大会

ここに始まります

 

もちろん上田が小さいときは巨人黄金期で

原・江川・クロマティというスター選手擁する巨人に興味があったりしたんですが

 

やはり本格的に野球好きになったのは小学校主催の全校生徒参加のソフトボール大会です

校内の生徒を居住地区で32チームに分けて

32チームのトーナメントで争う、夏休み明けのビッグイベントでした

 

これは保護者も大興奮のイベントで

各地域の朝のラジオ体操が終わったら

そのまま保護者がコーチになって2時間くらい練習するんですね

 

そこで野球の上手なお父さんコーチにみっちりしごかれて

5番キャッチャーとして2年間楽しんだ思い出があります

ちなみに5年次と6年次の2連覇という最高の思い出です

 

4番はリトルリーグのレギュラーがチームにいたので、そこは譲るカタチになりましたが

ピッチャーに対する配球をリードしたり

バッティングフォームと「打撃とは?」など

野球に通ずる醍醐味を教えて頂きました

その時期は夏休み必死にソフトボールやってたので

野球中継なんかも興味あったんですね

 

中学入学以降は草野球に参加するくらいだったので

そこから20代前半までは興味なかったんですけど・・・

 

 

時は流れ

 

 

上田も父親になり

 

長男は幼稚園からずっと空手を続けていたのですが

小4でいきなり「プロ野球選手になりたい」と言い出したので

 

もう、近隣のチームをくまなく見学して

実績と育成方法を吟味して

伝統と実績のあるチームに入団させました

 

そこからは野球を長男と共に学び

暗くなるまで一緒に練習して

楽しいリトルリーグ時代も終わり

甲子園出場経験のある学校の中等部に入学となったわけですが

そんなわけで

プロ野球はバッリバリ意識していまして

 

北海道在住ということで日ハムを見るようになっていったんですね

 

特に新庄さんが盛り上げて

ダルビッシュというエグい変化球なげるスーパーピッチャーや

ここぞで頼れる大好きなキャラの中田翔!

ミスター安心感の稲葉さん(現日本代表監督
などが居た時代に日ハム野球のファンになっていきました

 

そして、もう思い出すことも無くなりましたが

大好きな選手が居ました

 

トレードされてしまった糸井です

 

これはトレードされた時信じられませんでした

現役のプロ野球選手の中でも5本指に入る好成績を残し続ける糸井

柳田・山田・筒香・秋山などの侍JAPANメンバーにもヒケをとらない成績の持ち主ですよ!

将棋で言ったら飛車ですよ

飛車出しても、もう飛車以上のコマないやんけ!と思ったもので

しかも、トレードが木佐貫・大引・赤田選手という・・・すぐに日ハムを去ることになった選手だったので

 

しばらくはショックが残りましたね

 

ここからはチームの内情を知っている訳では無いので

個人的な推測になりますが

糸井は日ハムのチーム方針に従えないことが多く

次年度にFAを控えていたので、当時の補強ポイントだったショートの大引を獲ったと

 

しかしねー

 

群雄割拠のプロの中でも、とびぬけて身体能力とセンスで

スケールの大きさを感じさせる糸井ですら

 

簡単にトレードのコマに使う

 

それが日ハムです

 

しかし!

日ハムは最近大きなトレードを成功させてます

巨 人 大田 泰示 外野手 ←→ 吉川 光夫 投 手 日本ハム
公文 克彦 投 手 石川 慎吾 外野手

このトレードは神がかってますね

相手に8割の戦力を渡して、10割の結果を得る

高度なトレードでした

 

この4選手はポテンシャルや成績などが高く

今も活躍中ですが、日ハムが得をしているくらい

大田選手と公文選手は成績を残しています

 

日ハムは

MVP(吉川)だろうが

新人王(今回の高梨)だろうが

侍JAPAN(糸井)だろうが

おかまいなくトレードするんです

 

それは

 

日ハムの強さは数年後を見据え大胆に選手を見切るところにある

といった運営方針にあるようです

 

野球選手を数値化して比較しているからこそ

大胆に見えるトレードでも

低コストで常勝軍団を作り上げる

といったことを可能にしているらしいですよ!

 

とはいえ

 

やはり高梨は新人王を獲った2016年の活躍が忘れられません

最大11ゲーム以上離されていた無敵のソフトバンクをマクった原動力のひとつ

 

秋吉も侍JAPANに招聘されるようなピッチャーなんで期待したいのですが

いかんせん2年前の故障から復帰後は思うような成績が出ていないので

 

ここを日ハムのフロントが「イケる」と判断したということですね

 

さぁ!来シーズンは愉しみがたくさんです

まずは何といっても金子ちひろ(改名とか書けないんですけど)

2年目の清宮

たぶん.250 28本くらいの中田さん

来年も頼むぜ上沢

至高の天才・近藤健介

そしてトレードで入ってきた「復活の秋吉」ですね

 

まぁ首位争いからまないと上田はダイジェストすら見ないんですけどね!

負けてる日ハムほどつまらないものないんで!

昔は日ハム負けてたら荒れるくらいでした(笑)

 

今日はこの辺で!

 

\新コース!ミライク・チセで一緒にYouTuberに挑戦しない?
ミライクチセYOUTUBERコース
 

\ミライク・チセってこんなトコロです♪徹底解剖しちゃうゾ!/
ミライクチセバナー
 

最初のコメントをしよう

必須