146 views

就労継続支援B型ミライクチセではこんな実習も行っています【札幌市内】

 

こんにちは、ミライザップのイトウです。

ミライザップの記事で筋トレをやっているのですが、今週の月曜日に

 

上田さん「グシュウソウケンさんの草刈の実習あるけどチアキいかない?」

上田さんにこうお誘いされたのですが・・・

イトウ「草刈りなんて興味ないです、草刈って拾ってなにが楽しいんですか? それなら筋トレもっとやりますよ」

 

上田さん「丸太とか運ぶらしいんだけど」

 

上田さん「丸太とか運ぶらしいんだけど」

上田さん「丸太とか運ぶらしいんだけど」

 

イトウ「いきます」

 

そういうわけで11/12から実習自体は始まっていたのですが、筋トレにもなりそうでなんだか楽しそうだし

追加工賃が出る場合もあるようなので僕は利用者Kさんと共に14日~16日まで行くことになりました。

以前、野幌の森林公園でやったことがあったのですが、今はほかのこと(主に筋トレ)に集中しようと思い断ってました。

 

でも今回は丸太運びというちょっと筋トレになりそうな作業もあるようなのでいくことにしました!!

 

 

現場は白石、南郷18丁目で9時半にチセに集合しウエダさんの車で向かったのですが

到着してみるとあいにくの曇りでどんよりとしていました・・・。

 

 

作業開始は10時で、お世話になるグシュウソウケンの方々へご挨拶しいざ草刈りの始まりです!

 

チェーンソーで“親方”が伐採した木の枝やら

 

丸太をせっせと運びダンプカーへ載せていきます。

※ダンプの上にグシュウソウケンの方がもう一人待機していてその人に手渡す感じです。

 

しかしこの丸太がまた重いのなんの。

 

しかも雨を吸って余計重たくなっており、90kgぐらいはあるんじゃないかってレベル。

 

気合いであげようと思ったのですがちょっと起き上がるだけで、荷重が反対側に逃げていき支えられない!!

Kさん「ちょっと失礼」

そこでKさんがなんと軽々持ち上げたじゃないですか!

 

長い間現場での仕事を経験されていたみたいで、こういうのは慣れていたそうです。

ここで筋トレしている無駄なプライドと動いてるうちに分泌されてきた男性ホルモンのせいか

僕も負けじと気合いを入れて持ち上げましたのですが、よろけてダンプに押し付けて

「早く持ってー!!」

と大声でヘルプを呼ぶ情けない事態に。

見栄を張って無様な姿をさらす男イトウチアキ。

 

イトウ「重たいんで転がして運んでいきましょう」

すかさず「俺、考えて作業してるんだぜ?」とアピールする自己顕示欲にまみれた男イトウチアキ。

 

いや、ホントに考えてやってるんです!

小枝ばっかり多いときはいちいち拾ってても持てる数に限度あるので

一人が運んで、もう一人が伸ばした両腕に載せて行ったり、バケツリレーをしようと提案したり。

なんやかんやあってグシュウソウケンの方々と上田さんとKさんとワイワイやってるうちに

空が晴れてお日様が顔を出してきました。

気づいたらもうお昼近くで、ダンプも満杯なのでグシュウソウケンの方々がゴミ処理場に捨てに行く間、お昼休憩に入りました。

上田さんはここでチセでのお仕事のためいったん離脱です。

※結構長めに休憩いただけました。

 

お昼はチセで用意していただいたお弁当です。

※美味しそうだったので疲れもあり写真撮る前に食べきってしまいました。

お母さんのお弁当の50倍は美味しかったです。

 

晴れているキレイな空のもと、木々など自然に触れながら身体を動かすというのは

なんとも楽しいものがありテンションも上がっていて

(この調子なら楽勝で作業終わっちゃうな~)

と思っていたら・・・

 

最後にボスが待ち構えていました……時折ふつうの枝に交じって出てきたのですが、こいつ……

 

トゲがあるんです。

今まで通りスピーディに運んでいたらチクっとしてちょっと痛む!

おまけに雑に手渡したらトゲで皮膚がちょっと切れたりレインコートが引っかかって裂けます。

※正直チセから借りたものだから僕にとってはレインコートはどうでもいいのですが・・・

なので慎重にやる必要があり、作業効率が下がって数自体はそんなになかったものの時間を取られてしまいました。

しかし僕らも肉体労働の経験者、テキパキと動き効率よく枝をダンプへ積んできます。

すると疲れが溜まってきたころに上田さんが再びやってきて……

上田「ごめん!軍手忘れてきちゃった!!」

 

上田「ごめん!軍手忘れてきちゃった!!」

 

上田「ごめん!軍手忘れてきちゃった!!」

 

 

イトウ「あぁ、そう・・・」

(何しに戻ってきたんだこのおじさん……)

軍手がない上田さんが高みの見物見守るなか、無事に時間内に作業を終えることができました。

今日一日お世話になったグシュウソウケンの方々に挨拶をしてから、チセへウエダ号で帰っていきました。

貴重な体験をさせていただき本当にありがとうございました。

マツモトさんもタケさんも優しく、気さくに接してくれてとてもうれしかったです。

肉体労働はたしかにちょっと疲れるけどいざやってみると楽しいものですよ。

たまには息抜きにこういうものもいいものですので、興味ある方はぜひチセへご連絡ください。

 

上田「いや~軍手どこやったんだろうな~失敗したな~~」

 

見た目はゴリラ、知能はおじさん。

 

By.イトウ

\新コース!ミライク・チセで一緒にYouTuberに挑戦しない?
ミライクチセYOUTUBERコース
 

\ミライク・チセってこんなトコロです♪徹底解剖しちゃうゾ!/
ミライクチセバナー
 

最初のコメントをしよう

必須