520 views

札幌のミライク(就労継続支援B型)ってどんなところなの?

私は、札幌市東区にある就労継続支援B型の「ミライク」の2号店である「ミライク・チセ」のサービス管理責任者を務めさせていただいております、上田 学と申します。

おかげさまで、就労継続支援B型の「ミライク」は、2017年4月に札幌の東区にオープンして以来、今年の7月には2号店の「ミライク・チセ」を同じく札幌市東区にオープンすることができました。

障がいを持った方々が、人生をもっと自由に自分らしさを表現できる!
それが許される時間と空間。
そんなキャッチコピーで、web上にも「ミライク」の広告を出しているので、皆さまもご覧になったことがあるかもしれませんね。

「3種障がい手帳」または「自立支援医療証」、
または「医師の意見書」をお持ちの方が、
就職につながる訓練や、
フリーランスとして収入を得るための訓練をする場所。
それが、就労継続支援B型の「ミライク」なんです!

すでに、二十数名の人たちがミライクで、自分らしさを作り出すために
日々、目標に向かって進んでいます。

利用者さんによって目標や進捗は様々で、
「ホームページ制作の勉強がしたい!」
「イラストや漫画で稼げるようになりたい!」
「DTPデザイナーになりたい!」
「好きなアクセサリーを作りたい!」
など、それぞれの夢と希望を持って、それぞれの目標に向かって、
毎日楽しみながら過ごされています。

今月は、ココナラという仕事を受注するサービスを利用して、
十数万円もの売上があがりました!

「障がいを持っていても、自分たちで稼ぐことができるんだ!」という事を
私たちの目の前で、実現してくれています!

利用者さんの中には、
そんな順調な人たちも居れば、
なにかにつまづいて、うまくいかないひとたちも居ます。

ミライクは、そんな人たちにこそ支援が必要!だと思っているので、
一緒に考えることを大事にしています。

ミライクのスタッフは、自分で稼いでいる手に職があるスタッフが多いので、
その場でスラスラと解決できる場合もあれば、一緒に悩む場合もあります。
時には、チカラになれない日もあります。

でも、私はそれでもいいと思っています。
悩みがあれば解決手段をさがしてネットや書籍、
先輩や後輩や仲間たちから学んだりして、
上手くいった日には思い切り遊びましょう!

今日どんな日だった?

ミライクに来た利用者さんたちの一日が良い日であるように、
よくない日ならそれなりに共に悩み、一緒に解決を探す。
そんなふうに考えているんです!

人は十人十色で、色んな個性や悩みがあります。

「実は何をやってもうまくいかないんです!」
「ワタシはなんでも出来るんです!」
「自分にあった仕事なんてあるんだろうか?」
「自分にできるシゴトなんてあるのだろうか?」
「誰にでもできるシゴトはつまらない!」

でも間違いのない確かなことは、
何かのために尽くすと感謝が生まれる!

そんな、あたりまえのことで救われる今日もあるはずです。

ミライクの利用者さんの中には、
お昼ご飯の手伝いをしてる人がいます。
窓を拭いている人がいます。
ごみを袋詰めしている人がいます。

皆の為にやっていることが、結局、周り廻って自分を豊かにしてくれる。

私たち、ミライクのスタッフは、施設内業務を積極的にしてくれている方には、
いつも感謝で応えたいと思っています。

何か耳ざわりのよい言葉ばかり並べてしまいましたが、
ミライクに興味を持った方は、どうか自分の目で確かめに来てください。
私たちは、いつでも歓迎します!

⇒ご見学・ご体験お申込みはコチラ!

そしてミライクは、いつでもスタッフを募集しています。
稼げる腕を持っていて、だれかのチカラになる仕事がしたい貴方!
障がいがあっても諦めない人たちが、貴方のチカラを必要としています!
【リクルートリンク】

まだまだ、伝えきれないことが沢山ありますので
次回をお楽しみに!

\新コース!ミライク・チセで一緒にYouTuberに挑戦しない?
ミライクチセYOUTUBERコース
 

\ミライク・チセってこんなトコロです♪徹底解剖しちゃうゾ!/
ミライクチセバナー
 

最初のコメントをしよう

必須