131 views

【感謝】札幌柔術界の父、企画を快諾【心技体】

どうも上田です   筋トレ時に叫ぶと限界が上がる理由が判明! 発狂すると強くなる的なものを己の中に感じたので ちょっと控えていこうと思います   大きな声を出さずに限界を超えていくことを意識したいですね   日々の成長はこんな小さな気づきから!   さて月曜日も終わりかけてるのですが(今よるの11時) 昨日ひっさーーしぶりに私の通っている   パラエストラ札幌さまに柔術の練習に行ってきました   そこで、恐る恐る聞いてきました   ↑パラエストラ札幌代表 北海道柔術の父 俵谷先生です   あのー・・・(明るかったり面白かったりするイメージ作りと、やれば出来るってメッセージのために 仕事でダイエット企画やってるんですけど 練習風景とかスパーリング風景を撮影しても良いですか?     俵谷先生「もちろんだよ   え・・ もちろん?ダメですか?   俵谷先生「いや。全然オッケー   ありがとうございます!!   では記事や動画アップする前に俵谷さんにお伺いたてますね その際にロゴとかも写って大丈夫ですか?   俵谷先生「いや!いいよ!もう好きにやって!上田さん信用してるから!   ズッキューーーーーーーン!!!!!!!     あのですね 上田はスパーリングや試合が好きなので テクニックや技を教えて頂けるのが本当にありがたいんです たくさん使いこなして自分の技術が増えていくのが楽しいんです 技の構造と原理をいつも教えて頂いて 実は泣くほど感謝している先生にこんなことを言われて   本当に幸せです 俵谷先生!ご快諾、ご協力いただきありがとうございます!   と、いうことで来週から伊藤くんと2人で週に1-2回パラエストラに通って 上田式ミライザップ・パラエストラ編のスタートです! 出れそうな試合にも出ますよ~   あらためて説明しますが このサイトは月間100万PVを目指しています   PV数があれば、広告やイラスト・マンガなどが売れる機会を増やせて 利用者さんの商品が売れるからです   面白くて、役に立つ そんな企画を出来る限りやっていきたいと思っています   さて、今日の公認心理士のお勉強は 精神力動理論と力動論的アプローチ  

力動論的アプローチ

フロイトの精神分析療法の流れをくんでいるものが力動論的アプローチです。   力動論的アプローチは、人の心の構造・メカニズムを仮定して、治療を無意識から試みるという心理療法になります。   人の心にはエス、超自我、自我が存在し、人間の心理はそのメカニズムで成り立っているとフロイトは提唱しています。  
  • エス…本能エネルギーで自分では意識できない性欲動や攻撃性などがある。
  • 超自我…エスを抑制する働きがあり幼少期に形成された倫理や道徳で成り立っている。
  • 自我…人間の行動を司るもので外界からの刺激やエスと超自我との要求とを調整している。
  • 人は表面の意識だけで行動を変えることは難しく、それは無意識的な領域をエス・超自我・自我がいずれも含むためです。
そのため親子関係や幼少期の体験などを分析し、エスや超自我の葛藤をクライエント自身に理解させることで、力動論的アプローチでは、問題の解決を試みようとすることです   うんうん♪ 今日はこのへんで

見学・体験のお申し込みはこちら!

就労支援B型「ミライクチセ」ではいつでも見学・体験を受け付けております。まずはあなたの目で実際に確かめに来てください!スタッフ一同心よりお待ちしております!

最初のコメントをしよう

必須