81 views

デジタルなものづくり

近年、3Dプリンタやレーザーカッターなどの普及によって、デジタルデータを元にものづくりを行う、いわゆるデジタルファブリケーションが広く認知されるようになってきました。それは、例えば次のような特徴があります。 1)設計から制作までトータルかつパーソナルに遂行できる。 2)これまでの手工芸的なものをデジタルな技術と組み合わせることで、新たなモノを生み出せる。 3)一品ものと量産との中間的な商品販売、また多様なバリエーション展開が可能。 ミライク・チセのデジクラコースは、そうした時代の流れに沿う形で、就労継続支援施設の一活動として新しい試みを開始します。(サトウ )

見学・体験のお申し込みはこちら!

就労支援B型「ミライクチセ」ではいつでも見学・体験を受け付けております。まずはあなたの目で実際に確かめに来てください!スタッフ一同心よりお待ちしております!

最初のコメントをしよう

必須