119 views

デジタルとフィジカル

「You Fab」アワードというファブリケーションのコンペがあります。 「デジタルとフィジカルを横断し、結合する創造性」の発掘を目的とした国際コンテストです。 現在、今年の作品を募集しています。 過去の入選作品を見ると、とても斬新で刺激的なものがたくさんあります。 例えば、昨年大賞を受賞した作品は、水性ゲルを素材に用いて3Dプリントした物体にヒトの間葉幹細胞を植え付け、細胞増殖させていくことを試みた作品です。 「無生物から生命の可能性を生み出すことを表して」いるそうです。 このデジタルなものとフィジカルなものとの融合という概念を、筆者は、昨年まで「You Fab」の審査委員長でもあった田中浩也の著書を通じて知りました。実際に医療の分野では、3Dプリンタを用いた義足や義手のオーダーメイド、歯科矯正サービスなどにそうした技術が導入されています。そして、近い将来には、人工物によって常に更新されていくような新しい身体が普及していくかもしれません。 イギリスのミュージック・ユニットであるケミカル・ブラザーズが2015年に発表した『ワイド・オープン』のPVでは、ダンサーの身体が徐々にワイヤーフレーム状のものに変容していきます。筆者は当時、この映像に非常に感動し刺激を受けました。人工物によって人体が拡張していく世界を想像することはとてもワクワクします。(サトウ)

見学・体験のお申し込みはこちら!

就労支援B型「ミライクチセ」ではいつでも見学・体験を受け付けております。まずはあなたの目で実際に確かめに来てください!スタッフ一同心よりお待ちしております!

最初のコメントをしよう

必須