201 views

【石狩の焼肉・ステーキの老舗】茨戸ガーデンで格安で美味しい焼肉食べ放題を楽しんできた【レク】

こんにちはミライザップのイトウです。

 

さんざん「食べ過ぎてるなんてことはない!」

 

と言い訳してきた僕と上田さんですが、今日はレクリエーションで

 

茨戸ガーデン・ノースヒル

こちらのお店にきているのでじゃんじゃん食べてきました!

 

「追い込まれた肉体に栄養を与えることで筋肉は成長するんだ!!」

そうチセのみんなに言い張って暴食の限りを尽くします。

 

※ちゃんと追い込んでおきました。

 

「いや、これは暴食じゃない!食事も筋トレなんだ!!」

何を言っても言い訳にしか聞こえないと思いますが事実です。

 

茨戸ガーデンにやってきましたよ。

ワイワイ話しながら送迎バスにゆられること約20分、ついに茨戸ガーデンに到着しました!

石狩の伏竜川沿いにある・・・変わったデザインのお店。

※それよりこの絵づら怪しすぎないか?不倫関係・・・?

「昔からちょっと沖縄っぽいというか、変わってるんだよなここ」

実は茨戸ガーデンにはちょっと思い入れがあり、小さいころ花川に住んでて父親によく連れられてきてたんです。

 

今でも誕生日とかのお祝い事やちょっと奮発して美味しいものが食べたい時、たまに来ています。

3歳くらいのころから来てたのですが、どうやらそれくらいの時にイラスト担当スタッフのイシカワさんがここでアルバイトしていたようです。

すごい偶然でテンションを高めつつお店へ入っていきます!!

 

とはいっても僕がきていたのはステーキをやってる一階の”ノースヒル”のほうなのですが……。

二階の焼肉屋さん茨戸ガーデンには27歳にして初めて来ました。

使いまわされてるー!!(会社の忘年会みたい!)

※本店ミライクも今月のレクリエーションでここにお世話になりました。

部屋に入っていくと・・・

こんな景色が見える部屋で

上等なお肉ちゃんたちが待っていました、うまそう。

ご飯はセルフサービスで持って頼めば隅にあるドリンクサーバーからソフトドリンクやビールが飲み放題になります。

密室だし「バレないから大丈夫大丈夫」って利用者Sっていう悪いおじさんが悪用しようとしたら電源落ちてました。

しっかりしててよかった。

なので今回はソフトウォーター飲み放題です。

肉を焼こうとしたら最初に見覚えのあるサーロインステーキが飛び込んできました!

一階のノースヒルで出してるのと同じやつです!!

どうやら、イシカワさんのお友達のお父さんが店長をやってるそうで食べ放題にちょっとサービスしてくれたみたいです。

(ちょっとってレベルじゃねえ!ありがとうございます!!思い出のサーロイン!!)

悪いおじさんもいれば気前のいい優しいお兄さんもいるものなんですね!!

 

四の五の言ってないで肉を焼こう

 

 

僕のように短時間でアホみたいに食べられるようにひたすら盛るような人もいれば

アメリカのドラマに出てくるような焼き方する人など十人十色各々の席でワイワイやってました。

しかしこの肉がとても美味しくて美味しくて4回ほど肉の盛り合わせをおかわりしてしまいましたよ。

四人前のやつを僕と利用者Iさんの二人だけの席で。

 

「今日ダイエットって口にしたら許さない」

 

※豚肉とウィンナーはパリパリに焼いて食べるのがベストだと思う、塩と胡椒だけで。

と思ってたら腹がパンパンになってしまいました。

 

それでも食べる!

だって、美味しいんだもの。

満腹が気にならないくらい肉をむさぼるように食べていましたが・・・お時間が来てしまいました。

 

「えっ、もう?」

 

悲しいけどこれ食べ放題なのよね

名残惜しくも部屋を去り、お土産コーナーの肉をショーケースに入ったトランペットを眺める子供のようにのぞきながら送迎バスに乗っていきます。

(今度バーベキューとかやるときとかに欲しいな~)

 

また送迎バスにゆられること約20分、帰りのほうが時間が過ぎるのが早く感じるのは気のせいでしょうか。

それとも食べ過ぎで眠たいからでしょうか・・・?

チセについたら送迎ドライバーの方が待っていて、このまま帰る人は帰り

残って作業する人は作業して、僕はソファーで横になっていました。

ほぼ自由解散でした。

明日もチセは開所しているのでここで得た栄養を糧に頑張りたいと思います!

今日は茨戸ガーデンさんお世話になりましたご馳走様です!! 久々に来れてよかった~

 

\新コース!ミライク・チセで一緒にYouTuberに挑戦しない?
ミライクチセYOUTUBERコース
 

\ミライク・チセってこんなトコロです♪徹底解剖しちゃうゾ!/
ミライクチセバナー
 

最初のコメントをしよう

必須